NFT

NFTって何?身近な物を含めて紹介

はじめに

 

 

今話題の「NFT」

 

よく仮想通貨と結び付けて語られることが多いですが、何となく怪しい?と感じてる方もいらっしゃるでしょう。

 

何か詐欺っぽい感じもするよね、、、

 

たしかにNFTはこれまで怪しいネットビジネスで取り上げられることもありました。

 

ただしYoutuberの鴨頭さんやアーテイストの関口メンディーさんも高価なNFTホルダーとしてTwitterでも有名です

 

 

*この記事では「まずはNFTとは何なのか」を紹介します。

 

この記事は5分で読めます。

 

NFTとは?

 

 

NFTはNon fungible Tokenの略です!

 

 

直訳すると非代替性トークン

 

 

 

 

分かりやすく言うと「唯一無二の何か」です。殊にインターネット上のブロックチェーンによって管理されるデジタルデータを世間では指します。

 

ブロックチェーン?なんじゃそりゃ?

 

これについてはまた今度。簡単にいうとデータのやり取りをHP管理者やグーグルなどのプラットフォームだけではなく、ユーザー皆で監視し合う仕組みです。

 

常に監視されるため不正な取引がまずできない、安全性の高い考えです。

 

NFTの代表例としてはデジタルアート(絵) トレーディングカード ゲーム内のアイテムが挙げられます。

 

引用 https://cryptospells.jp/

日本最大級のNFTカードゲーム クリプトスペルズ

レアカードは高価で売買される。

 

NFT ≠ 仮想通貨(ビットコイン イーサリアム)

 

 

NFTと仮想通貨は明確に違います。

 

よくニュースで同じように語られますが、ブロックチェーンを全く理解していません!

 

 

具体例を挙げます。

 

Aさんが持っている一万円札とBさんが持っている一万円札は同じ価値を持ちますし、他の人たちもたくさん同じ一万円札を持っているので「唯一無二」ではありません。

 

ただしAさんが1万円のオーダーシャツを誂え、Bさんが1万円で下駄を自作したとしましょう。

 

同じ1万円でもシャツと下駄は全く別であり、2つとも唯一無二です。

 

 

ここれが仮想通貨とNFTの関係にも言えますね

 

仮想通貨大手のビットコインも、イーサリアムもただのお金です。

 

Aさんの持つビットコインはそれ自体は誰のものか分かりません。それを入れているウォレットで管理されています。

 

一方で仮想通貨で購入したNFTは、NFT自体にシリアルナンバーのようなものが紐づけられており、所有者の履歴が全て記録されています。

 

しかもそのブロックチェーンの取引に関わった人全てにです!

 

閑話休題

 

 

皆さんはモナリザの絵がなぜ価値が高いのか説明できますか?

 

巷でも模造品があふれ、インターネットで検索してもすぐ見れます。

 

印刷もできます。スマホのサムネにできます。

 

なによりほとんどの人が頭に浮かべられるくらい有名でそれが何なのか知っています。

 

でも買えない位高い。なぜでしょう?

 

それはモナリザの絵&裏面の鑑定書をもって「本物」だとわかるからです!

 

(有名な絵画には必ず裏面に鑑定書が貼られています。)

 

NFTの世界でもアートやトレカの裏側に複雑なシリアルナンバーのようなものが振られており、それが「本物」の証明なのです。

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

今回のまとめはこんな感じです。

・NFTとは唯一無二の何か。ブロックチェーン上のデジタルアート、トレカが有名

 

・NFTと仮想通貨は「唯一無二」の点で全く違うもの